google-site-verification=oyzWQL3rO8cwnawzYce22cLmFGBwZdsY6rCD7wP5WnE

「楽よみ」って?

楽よみ滋賀速読

楽よみとは、「読む」「書く」「話す」を通して、アウトプット力を磨いていく脳トレです。
さまざまな脳トレを通して、あなたの中に眠っている才能を開花します!
本が嫌いでも、子どもから大人まで一緒に楽しめるスゴイ脳トレなんです。

楽よみとは

 

楽よみオンライン

「楽よみ」では、本を読んで、読んだことや感じたことを書いていくことで、読解力・言語表現力を鍛えていきます。

楽よみでの読解力とは・・・

自分でなぜ?と問いを立て、自分の答えを出せる力です。これは、学びの上でも大事な力ですよね。そして、自分の答えは、すべて正解なのです。
もうひとつ、字のごとく、読み解く力です。内容を読み解いていないと、アウトプットはできません。ですから、アウトプットしている、ということは、読解しているということになります。
そして、この読解力は、自分のことを読み解く力でもあるし、相手のことを読み解く力でもあります。
コミュニケーションも実は、相手のことを読み解いて、言葉を選んでいますよね。自分なりの答えを出しているわけです。すなわち、読解力は、あらゆる場面で、自分で答えを出せる力にもつながっているのです。

言語表現力とは・・・

頭の中の自分のための言語他人のための言語へ変換できる力です。変換して、「書く」「話す」ことで表現をしていきます。
こちらも、コミュニケーションには大切な力ですよね。

本が好きになる効果が絶大・・・

速読の原理も取り入れた脳トレで、本の読みやすくなるため、本が嫌いな方も楽しめる内容です。

様々な効果で、いつの間にか自己肯定感も上がり、いろんなことにチャレンジできる行動力もでてくるんですよ。

本だけでななく、「自分を好きになる」効果もあります。

楽よみの特徴

「楽よみ」は「よみ」という字があるし、きっと本を読むということをやるのかな、と想像できるのではないでしょうか。
その通りです!本を読みます!
で、読む時間は

 

ちえぞう
たったの2分だよ

「えっ?2分しか読まないの?」

と思ったあなた、そうなんです。しかも、1分を2回読むだけなので、長くて1分しか読みません。

1分読んで何をしていくのかというと・・・
読んだことや感じたことなどを自由に、もっと言うと、本とは関係ないことでも良くて、自分の頭の中にあることを書きだしていきます。

この「書く」というアウトプットの効果がいろいろありすぎます。書くことを通して、記憶に残るし、自分のことを深く知ることにもつながっていきます。書いた文字を見て、またさらに感じることもできます。

 

そして、その書いたことをもとに、シェアタイム。ここでは、話すことをしてもらいます。
「話す」もアウトプットのひとつです。

ここでのシェアを聞いて、

「その本読みたいから、タイトル、もう一度教えてください」

なんて、やりとりを受講生さま同士でやったりしていますよ。

そして、他にも特徴があります。

レッスンの中で行う脳トレゲームがとっても楽しいです。これは、子どもから大人まで楽しめちゃいます。
小学2年生の子は、「学校でもやりたい」と言ってくれるくらい楽しんでくれています。

読書や読書感想文が嫌いな高校生も

「やる気なかったけど、やったら、楽しかったし、本を読もうと思った。」

なんて言ってくれます。

楽よみの特徴をまとめると、以下のようになります。

  • 読む時間は1分×2回の2分のみ。
  • 書くことを通して、たくさん感じることができる。
  • 話す練習にもなる
  • 子どもでも、本が嫌いでも楽しめる。

楽読と楽よみって違うのですか?

滋賀楽読

素晴らしい質問をありがとうございます。わたくし、ちえぞうは、

楽読インストラクター

楽よみインストラクター

をしています。

楽読も「らくよみ」とも読めますけど、「らくどく」と読みます!!この2つ、大きな違いがあります。

楽読は、いわゆる速読です。速く読むことで、情報処理の量を上げることもできるので、インプットの質を上げる、という言い方もできます。

一方、楽よみは、「書く」「話す」がメインなので、アウトプットの質を上げる、という言い方ができます。
どこに重きを置いているかで、違いがあります。

楽読:インプットの質を上げる

楽よみ:アウトプットの質を上げる

どちらがいいですか?という質問もたまに受けます。そんな質問には

ちえぞう
「どちらもいいですよー。」

とお答えしています。
どちらも良い面があるので、何を目指すのか、で楽読か楽よみかで変わってきます。

理想はどちらもやることをおススメします。

なぜなら、読解力という視点からみていくと・・・
まず、読解力は点数では測れませんが、本の読解力を100としたとき、読解力が30の人がいたとします。

その方が楽読をやると、その30の中で、速く読めるようになるということになります。
速く読めるのに伴い、読解力も上がりますが、おそらく40くらいでしょう。

楽よみでは、アウトプットすることで、読解力を上げることができるので、30が60、90になっていきます。

ということで、読解力が上がり、速読もできたら、最強ですよね。

楽よみのメリット

楽よみオンライン

アウトプットを重視しているので、アウトプットすること自体のメリットがあります。アウトプットすることのメリットって何があると思いますか?
「極アウトプット」樺沢紫苑著 にも書いてあるので、それを引用すると、

  1. 記憶に残る
  2. 行動が変わる
  3. 現実が変わる
  4. 自己成長する
  5. 楽しい
  6. 圧倒的な結果が出る

です。これ、そのまま楽よみのメリットに当てはまりまるんですよ。アウトプットの効果は絶大です。
そして、楽よみのすごいところが一つあります!それは

 

ちえぞう
速読できるようになる!!

楽よみのメソッドの中に、速読でやっているトレーニングが一部入っています。ということは・・・実は速読もできるようになっちゃうのです。
速読に特化しているのは、「楽読」です。速読したい方は、もちろん、こちらの楽読がおススメです。ただ、楽よみでも、少しずつ、読めるスピードが上がっていきます。すごいでしょ。
※読書スピードの向上度合は、楽読の方が圧倒的に大きいです。

楽よみのデメリット

デメリットは、あえて挙げるなら・・・

アウトプットの内容を人と比べてしまう

ということでしょうか。ほんとうは比べる必要はないんですけどね。

自分のアウトプットに自信を持つ練習の場にも使ってもらえたらいいなと思っています。

 

本を読むのが苦痛な方には苦痛かもしれません。

楽よみで本を読むのは、たったの2分ですが、読書が苦痛な方にとっては、

「2分も読むの!!」

と感じるかもしれませんね。そこを

ちえぞう
たったの2分

と思って、参加していただけるとうれしいです。

また、読書が苦痛な方には、速読の方「楽読」をおススメしたいです。速く読めるようになることで、読書の苦痛から解放されますよ。私が、そうでしたから、お気持ちはよく分かります。

受講生さまの声を紹介

楽よみ口コミ

みなさん、いろんな目的で受講をしてくれますが、一番多いのは、

自分の思いや考えをきちんと相手に伝えるようになりたい。

とうことです。みなさん、人に伝えるということに苦手意識をもっている方が多いです。
そんな目的で受講を始めてくれて、どんな変化を感じてくれているのかいくつか挙げていきますね。

Kさん 小学6年生

書くスピードが速くなった。宿題があっという間に終わる。

漢字の宿題が

 

「あっという間に終わった。楽よみのおかげだ」

 

と言っていたと、お母さまから教えていただきました。

お母さまは働いていらっしゃるので、自分でzoomをつないで、レッスンを受けてくれています。

お母さまからは、自分のことを話してくれるようになった、とうれしいお声も頂きました。

Gさん 大学3年生

自分が感じていることが書けるようになってきた。

就活に向けて、面接のときに、自分の想いを伝えられるようになるために、と受講を開始してくれました。

もともと「自分の想いを言うことは苦手」というGさん。楽よみのレッスンで自分の想いを話す、書くということを繰り返しやっていくうちに、レッスン中でもいろいろ話せるようになりました。
そんなやり取りが面接に役に立っていきます。
お母さまからは、

「息子が明るくなった!!」

と教えて頂きました。

それと、なかなか続かないのが、これだけは続いているそうです。

大人の方もたくさん受講されています!

自分の想いを伝えることができるようになってきた。

前向きになってきた。

他にもこんな感想を頂いています。

★人前で話すことに抵抗がなくなった。

★人とのコミュニケーションが楽にできるようになった。

★文章でアウトプットすることに慣れ、ブログを書くようになった。

★頭の整理ができて、行動しやすくなった。

★仕事の作業効率が上がった。

★記憶力が上がった。

★書くのが速くなった。

ちえぞう
アウトプットの効果はまだまだこれだけでなないんですよー。

最後に

楽よみ滋賀オンライン

楽よみのことをいろんな面から、お伝えしてきました。私が、楽よみで一番伝えたいことは、

みんなちがって みんないい

ということです。同じ本を読んだとしても、人の感じ方は様々、そして、表現の仕方も様々です。レッスンでは、脳トレゲームの中でも、みんな違うんだな、と感じることができます。

そして、レッスンでは、「自分はこれでいいんだな」と思えるようになっていきます。
そう思えるようになると、

自分の想いを人に伝えることができるようになっています。
これは、生きる上でとっても大切な力です。

私たちは、人と関わって生きていきます。人とのコミュニケーションが重要ですよね。

楽よみでは、そんな自分らしく生きる力を養い、さらに楽しい人生になるお手伝いをさせて頂きます。

大人も子どもも楽しめる楽よみ、一度体験してみてください。
公式LINE登録で、体験割引ついています。
登録後、「楽よみ体験希望」とメッセージくださいね。

QRコードより登録してください。↓

公式LINE速読Human

 

 

 

 

 

google-site-verification=oyzWQL3rO8cwnawzYce22cLmFGBwZdsY6rCD7wP5WnE