google-site-verification=oyzWQL3rO8cwnawzYce22cLmFGBwZdsY6rCD7wP5WnE

人間関係に悩むなら、自分とのパートナーシップに目を向けよう

人間関係や自分の立場にお悩みの方にとってもおススメの1冊を紹介します。私がお伝えしている楽読という速読の創始者平井ナナエさんの本です。

詳しくは、この本をお読みいただくとして、私が体感した太極拳のことと合わせて、自分とのパートナーシップについて深めてみましたよ。

宇宙経営12のメッセージ

この本、ご存知ですか?平井ナナエさんの宇宙経営シリーズ3冊目になります。
副題は

すべての秘訣は「自分とのパートナーシップ」にある

です。人間関係にフォーカスして書かれた本ですが、パートナーシップは家族や恋人はもちろん、会社や地域、なんでも関係してきます。生きていく上で避けて通れないものですね。

そんなどこでも必要なパートナーシップがうまくいくコツは、なんとなんと・・・

自分とのパートナーシップ

ということが書かれてある本なのです。

「〇〇しなきゃ」からの脱却

私たちは、無意識に、「〇〇しなきゃ」と思っていることが、実にたくさんあります。

  • 母親だからご飯作らなきゃ。
  • 主人がいるから、外出は控えなきゃ。
  • 年始には義理父母にあいさつに行かなきゃ。
  • 宿題は必ずやらなきゃ。
  • 学校には必ず行かなきゃ。

などなど、それぞれの立場でたくさんありますよね。でも、

「その〇〇しなきゃって誰が決めたの?」

「あなたがそうしたくてやっているの?」

ということです。
「やりたくてやっている」なら、問題ないのですが、「やりたくないのにやっている」なら、だいぶ問題です。

ちえぞう
えっ?だいぶ問題なの??

なぜなら、自分は△△したいのに、無理して〇〇しているわけなので、心と行動の不一致が起こり、いろんなところに不具合が生じてきます。

主婦歴が長い方が、自分はお腹がすいていないのに、みんなのためにご飯作って、自分も食べて、とやっていたら、胃もたれしていたことがあると教えてくれました。今、振り返ると、心と行動の不一致が胃もたれに現れていたんだと分かるそうです。

私の場合は、会社員として働いていた時、やる意味があるのか分からないようなことも上の人の一言でやらなくてはいけないことになり、仕方なくやるなんてことをした日には、家で子どもを怒りまくっていました。今、考えると、自分のストレスを子どもに向けていたわけで、悪かったな、と思います。そこは、もう済んでしまったことなので、後悔してもどうしようもないんですけどね。

こんなふうに、自分の心とは相反することをすると、なんらかの問題が生じてくるのです。

これは、自分とのパートナーシップがうまくいっていないということなんですよ。

だから、自分は本当はどうしたいのかを徹底的に大事にしてみるのです。世間一般には、白い目で見られるようなことも自分の気持ちを大切に行動してみると、なぜか知らないけど、うまくいくっていう展開になるんですよー。

ちえぞう
そこらへんは、この本を読んでくださいね。

 

とらわれから解放されるためには?

無意識に私たちの中にある、とらわれから解放されるヒントは、もちろん、この本の中にたくさん書かれてあります。それはこちらの本に譲るとして、ここでは、私が毎月教えてもらっている太極拳での気づきから、このヒントになることを書いていきます。

太極拳では、どれだけ余計な力を抜くか、というのが重要ポイントです。力を抜くためには、無意識に入っている力に気づく必要があります。はじめは無意識なので、分かりませんが、いろいろワークをしていくと、こんなに力が入っていたんだ、と気づかされます。そして、力を抜くことができると、とっても楽なのです

そんな力を抜いた状態を意識して、腕をつかまれた時でも、つかまれているところに対抗しようと、力を入れるのではなく、そこに意識は向けずに、丹田に意識を向けます。

ちえぞう
つかまれた腕に意識がいって、力で抵抗しようとすると、どうしても力が強い方が勝ってしまいますからね。

丹田に意識を向け、相手からの力を丹田から返すようにすると・・・

ちえぞう
男性を吹き飛ばせた~~

とらわれた腕に意識を向けるのではなく、意識を向けるのは、あくまでも自分の内側、丹田です。

この太極拳で体感したことは、そのまま自分の心にも当てはまります。
どこに目を向けるのか、それは自分の内側の声です。周りにとらわれるのではなく、どこまでも自分の内側を大切にする。そうすることで、周りの現象が変わるのです。

そして、もう一つ重要ポイントがあります。それは、こちらは、全く辛い思いをしていないということです。ただただ意識を内側に向けていただけということです。思いっきり力を入れて、腕を振り払おうとしたのではなく、意識しただけで、相手が動いたのです。

これが人間関係にも当てはまるんですよ~!!

ちえぞう
私たちって、あらゆるところに力を入れすぎているのかもしれませんね。

太極拳でのポイントは

★いかに余計な力を抜くか
★どこに意識を向けるのか

まずは、あなたがどんなとらわれを持っているのか、気づいてみてくださいね。そして、それは、自分が本当にそうしたいのか、感じてみるのです。
まずは、そこからです。

そうしたら、思いっきり力を抜いて、自分も理想に目を向けるのです。そうやって、自分とのパートナーシップを良好にしていってくださいね。自分がとっても喜びますよ。

 

紹介した書籍の情報

宇宙経営12のメッセージ すべての秘訣は「自分とのパートナーシップ」にある
平井ナナエ著 RTH出版

 

 

 

 

 

 

google-site-verification=oyzWQL3rO8cwnawzYce22cLmFGBwZdsY6rCD7wP5WnE