google-site-verification=oyzWQL3rO8cwnawzYce22cLmFGBwZdsY6rCD7wP5WnE

笑顔が増えるそくどく

本を使った楽しい脳トレ (速読・楽よみ) で、あなたの笑顔を増やします!!

滋賀在住のインストラクターが楽しい脳トレをお届けします。本が速く読めるだけじゃない楽しい速読と伝える力アップ、アウトプットに特化した脳トレ:楽よみ。あなたの能力開花につながります。

はじめまして。ちえぞうです。佐藤千恵子と申します。ニックネームはちえぞうです。大学のときに、千恵子と小僧でちえぞうというあだ名で呼ばれていました。それを採用しています。

私のおじいちゃんは鶴蔵 (つるぞう)という名前です。勝手につながりを感じています(笑)

そして、楽読の受講生さんが、私の名前を「力笑増」と書いてくれました。あなたの笑顔にコミットします!!

 

楽読笑顔

 

なぜ速読で笑顔が増えるのか??

速読でなぜ笑顔が増えるのでか、不思議ですよね。なぜなら、私が伝えている楽読という速読は、速く読めるだけではない速読だからです。
まだよく分かりません!!

次から、解明していきましょう~。

何を隠そうレッスンが楽しい

本が大嫌いだった私でさえ、続けることができたレッスンは、「楽しい」がモットーです。子どもから大人まで、老若男女ができる簡単な内容ばかりです。呼吸法もあったtして、楽しめます。コミュニケーション重視なので、おしゃべりしている感覚でトレーニングできます。

高校生の運動部にレッスンさせて頂いたときに、中には、勉強が嫌いな子もいるわけですが、「楽しくできた!!」という感想をたくさん頂けます。こんなことからも楽しいんだな、と想像してみてくださいね。

 

レッスンごとに「できた!!」を感じることができる

楽読という速読の一番の特徴は、テクニックを身につけて速読できるようになるのではなく、あなたの中に眠っている力を起こすことで、速読できるようになる、というものです。使えていないものを使えるようにするだけなので、必ず「できた」が体験できるのです。

高校生の感想で、
「毎回、成長を感じることができて、自信がつきました。」

と頂いたことがあります。このような内容は、たくさん頂きます。

レッスンごとに、「できた~」といううれしい気分を味わえるのです。これは笑顔になっちゃいますよね。

 

自分のことに目を向けている時間が持てる

楽読のレッスンの最大の特徴に、「本を眺めながらお話しする」時間があります。実はこれ、寝ている力を起こすのに最大の効果を発揮する時間です。この時間のもう一つの意味が、「自分に目を向ける」時間でもあるということです。

本を見ながらお話しするって、いろいろ考えることができません。思考を止める時間にもなっています。それが自分の本音が出やすい時間にもなっているのです。

日常で自分のことに目を向けて、自分のことを話す時間ってありますか?あんまりないと思います。楽読では、そんな非日常を味わえるのです。
それが、実は、自分が喜ぶ時間にもなっています。普段、おざなりになっている自分、その自分に目を向けてくれてありがとうと、自分が喜ぶんですよ。

自分が喜ぶ=笑顔になる。

google-site-verification=oyzWQL3rO8cwnawzYce22cLmFGBwZdsY6rCD7wP5WnE